介護美容研究所学費いくらについて詳しくはこちらから!日本初の「介護×美容」の専門プロフェッショナルスクール

 

介護美容研究所学費いくらについて詳しくはこちらから!

 

 

⇒介護美容研究所学費いくらについて詳しくはこちらから!

 

 

日本初!「介護×美容」専門のプロフェッショナルスクール+【介護美容研究所】

 

 

 

■介護美容研究所とは

 

 

 

「高齢者に美容を届ける」技術に特化した社会人向けのプロスクールです

 

 

 

◆スクールの目的■

 

 

 

1. 2025年には人口の3割が65歳以上となる

 

 

 

2. 美容を気にせず人前に出る(すっぴん等)ことが恥ずかしいという世代が高齢になり自分で美容を行うことが困難になってきている

 

 

 

3. 現在の介護保険制度は保険内で美容を提供する仕様となっていない

 

 

 

上記の様な状況の中、「高齢者に美容を届ける」新しいケアの仕事のニーズが、年々増加傾向にあります。

 

 

 

「介護美容研究所」は、この「高齢者に美容を届ける」ための技術を習得し、 卒業後に「プロのケアビューティスト」として活躍していただく事を目的としたプロスクールです。

 

 

 

・美容のオーダー全般に対応できるトータルビューティースキルを習得できます

 

 

 

・仕事として展開するために必要な企画・運営手法が身につきます

 

 

 

・現場実習を豊富に行うことで、卒業後の仕事のイメージを具体的に描くことが出来るようになります

 

 

 

・感染症専門医監修による、受講環境の整備と現場での感染症対策を盛り込んだカリキュラムを提供します

 

 

 

・経済産業省より採択を受け、美容・介護両業界団体から参画いただき「訪問理美容協議会」を設立。

 

 

 

主幹事として、訪問理美容の衛生管理・必要技術に関するガイドラインである、「訪問理美容サービス提供事業者に対するガイドライン」 を策定しました。

 

公式サイトにリンクしています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

⇒介護美容研究所学費について詳しくはこちらから!日本初の「介護×美容」の専門プロフェッショナルスクール

 

●介護美容研究所とは

 

 

 

お気に入りの髪型、大好きなお化粧。高齢者の方々の中には、お洒落が好きだった自分を過去に閉じ込め、諦めてしまわれた人が多くいらっしゃいます。

 

 

 

「身体の自由がきかないのだから仕方ない」。私たちはそうは考えません。

 

 

 

ご自分でやるのが難しければ周囲がサポートすればいい。サポートをするだけの価値が、高齢者美容にはあるのです。

 

 

 

なぜなら好きな髪型やお化粧には、前向きになれる無限の可能性があるから。

 

 

 

活力を失いかけた高齢者の方々に喜びや笑顔を与え、さらにはご本人を取り巻くご家族や、施設で働くスタッフの方々までをも幸せにできる大きなパワーを持っています。

 

 

 

「キレイな自分」を諦めかけた高齢者の方々に対し、美容の技術で「笑顔」や「生きがい」をお届けできるよう、介護美容研究所は誕生しました。

 

 

 

●スクール概要

 

 

 

介護美容研究所は2018年7月、東京・原宿にて開校いたしました。

 

 

 

介護と美容それぞれの業界で必要となる知識や技術を研究し、新たな教育メソッドを開発。

 

 

 

現在は寝たきりの方へのカット術や、施設・居宅での施術フローのほか介護資格を取得できる「訪問美容コース」と、メイクセラピーや福祉ネイル、タッチケア、トリートメントといった高齢者向け美容のスキルを学習できる「ケアビューティーコース」という2つのカリキュラムを提供しています。

 

 

 

●訪問美容コースmobile hairdresser

 

 

 

大規模市場の中で選ばれる訪問美容師へ

 

 

 

訪問美容とは

 

 

 

2025年には3人に1人が65歳以上となり、「自由に美容室へ行ける人」が限られてくる時代。いくら店舗でお客様を待っていても、高齢者施設の利用者や寝たきりの方などは美容室へ来店することができません。

 

 

 

訪問美容とは、そうしたお客様の元へ美容師自らが訪問し、美容サービスを提供するお仕事です。

 

 

 

市場規模と参入のタイミング

 

 

 

この超高齢社会において、訪問美容の対象者は1810万人にものぼります。

 

 

 

対する事業者数は推定1,200件ほどと、大規模市場のニーズに全く追いついていないのが現状です。

 

 

 

そして、お客様や介護施設は次回も同じ美容師さんへと依頼する傾向が高いため、参入が早ければ早いほど安定した収入基盤を得ることが可能になります。

 

 

求められる人材

 

 

 

実際に訪問美容サービスを導入していただくためには、訪問美容のご利用者だけでなく、そのご家族や介護施設からも信頼を得ることが重要です。

 

 

 

ご利用者本人を取り巻く周囲の方々すべてから信頼を獲得できる訪問美容師とは、「介護の知識や技術」があり、「対高齢者に特化した美容ノウハウ」を持った、質の高い訪問美容サービスを提供できる人材です。

 

 

 

●介護美容研究所の講座の特徴

 

 

 

訪問美容サービスの流れすべてを網羅的に学ぶ

 

 

 

高齢者向けのカットテクニックやコミュニケーション法を学ぶだけでなく、現場実習を通して訪問美容サービスの流れを学べるのが特徴。

 

 

 

サロン以外の場所でもスムーズに施術が行えるよう、最適なセッティング法や利用者の誘導補助といった訪問美容独自のスキルが習得できます。

 

 

 

 

訪問美容に特化した介護資格を取得

 

 

 

施術時は利用者を誘導する場面も出てきますが、要介護者の移動・移乗を行うには資格が必要となるケースもあります。

 

 

 

そこで訪問美容に特化した「介護職員初任者研修」取得講座をご用意。

 

 

 

介護資格を持つ美容師なら、職員やご家族の手を煩わせることなく現場でスムーズに行動できます。

 

 

 

BtoBビジネスの流れから営業ノウハウまでを習得

 

 

 

来店されたお客様にサービスを提供するサロンとは異なり、訪問美容は施設への営業を行うためBtoBビジネスに位置づけられます。

 

 

 

介護施設への営業方法やプレゼンテーションの仕方、契約書や同意書作成といったBtoBビジネスに必要となるすべての手法を学べるのも特徴です。

 

 

 

●ケアビューティーコースcare beauty

 

 

 

美容の力で笑顔と意欲を引き出すケアビューティスト

 

 

 

ケアビューティーとは

 

 

 

キレイになると誰かに会いたくなり、生きる活力が湧いてくる。しかし年齢とともに身体が自由に動かなくなった高齢者の方々は、“キレイでいること”をいつしか諦めてしまいがちです。

 

 

 

そんな高齢者の方々に、美容の技術で自分らしさや生きる力を届け、笑顔のある暮らし方を支援するのがケアビューティーというお仕事です。

 

 

 

効果・事例

 

 

 

介護現場では高齢者の方に対し、メイクやネイル、アロマ、タッチケアといった美容のアプローチを行うことによって、リハビリや社会参加への意欲がわいたり、穏やかでいられる時間が増えたり、入浴や食事を拒む回数が減ったりといったさまざまな実例が報告されています。

 

 

 

美容の可能性は無限大であるとして、今後も様々な好影響が期待されています。

 

 

 

求められる人材

 

 

 

高齢者の方々は、髪を切るなら美容室、ネイルをするならネイルサロン、身体をほぐしたければエステサロンというように、目的に合わせてサービスを選び、店舗に足を運ぶことが難しくなってきます。

 

 

 

そのためメイクやネイル、エステといった美容技術をトータルで提供してくれる「トータルビューティースキル」を持つ人材が求められています。

 

 

 

●介護美容研究所の講座の特徴

 

 

 

美容のオーダー全般に対応できるトータルビューティースキルを習得

 

 

 

美容を導入したい介護施設は、メイクやネイル、エステまで美容全般を任せられる人材を求めています。

 

 

 

ご利用者も施設側も、施術内容によって別の人間にお願いするのは大変だからです。

 

 

 

当校では、その場で美容のオーダーすべてに応えられる「トータルビューティースキル」を学べるのが特徴です。

 

 

 

ビジネスとして展開するために必要な企画・運営手法が身につく

 

 

 

美容スキルを習得しただけでは、仕事に結び付けるのは困難です。

 

 

 

そこで、介護施設に美容を導入してもらうためのノウハウやテクニックも習得。個別ケアだけでなく、複数のご利用者に対するレクリエーションを企画・運営できる手法も学ぶため、施設側に幅広く魅力的な提案ができるようになります。

 

 

 

卒業後の仕事のイメージを具体的に描ける現場実習

 

 

 

在学中から高齢者の方へ施術を行えるよう、提携する介護施設にご協力いただき、現場実習をカリキュラムに組み込んでいます。

 

 

 

実在する介護施設で、実際の利用者様と触れ合いながら実践的な学びを豊富に得られる現場実習は、スクール卒業後にキャリアを構築していくうえで確かな基盤となります。

 

 

 

●サポート制度

 

 

 

コミュニティ

 

 

 

受講生専用SNSコミュニティはもちろん、「在学中は卒業生」と「卒業後は受講生」と集えるオンライン交流会を開催。

 

 

 

「介護現場に美容を」との想いを共に、仲間がいることの心強さと、情報交換を続けることで、意欲的に介護美容のお仕事を継続できるようお手伝いいたします。

 

 

 

 

ボランティア実習

 

 

 

卒業後、仕事として活かすためには、現場経験を培うことが何よりも大切です。

 

 

 

授業以外でさらに現場経験を積んでおきたい受講生のために、スクール連携施設をボランティア実習先として定期的にご案内。ボランティア実習での経験を振り返り授業内容に連結させ、学習効果を高めていきます。

 

 

 

個別カウンセリング

 

 

 

進みたい道は人それぞれ!目標や想いを共有し、将来仕事として展開するために今やるべきことなどをスクール専任スタッフにて個別カウンセリングを実施。個人の背景・ビジョンをもとにスキルや資格を考慮して動くべきタイミングをあなたにアドバイスします。(※2回目以降は予約制)

 

 

 

セカンドスクール

 

 

 

すでに仕事をスタートしていても、さらに活躍の幅を広げたい方に有益情報の提供や、技術復習、新しい技術や知識の習得といった独自の講座を定期的に企画・実施。卒業後のセカンドスクールとしてサポートします。

 

 

 

(例:感染症対策講演会、写真技術習得講座、ネイルチップコンテスト、ビジネスツール作成講座、ビジネスマナー/接遇講座 e.t.c…)

 

 

 

転職サポート

 

 

 

あなたのタイミングにあわせて「美容導入型施設」を紹介。

 

 

 

その数は90施設以上!なかには一般にはでていない非公開求人も。転職ガイダンスをはじめ、履歴書添削、面接練習、給与交渉まで。

 

 

 

なにより心強いのは介護美容研究所からの推薦状発行。異業種からのキャリアチェンジでも安心して活動できます。

 

 

 

卒業生サロン情報掲載

 

 

 

介護美容研究所のHPにて、当校が技術を保証している卒業生を「おすすめ介護美容サロン」としてご紹介。

 

 

 

HPへ掲載することで、サロンの魅力を発信することが実現可能となり、ご家族・施設様から直接の依頼が入り集客のメリットがあります。

 

 

 

\卒業してオワリじゃない/

 

 

 

再活動サポート制度

 

 

 

結婚・出産・育児・介護・療養などの理由から、仕事から離れてしまうこともあるかと思います。

 

 

 

いったん仕事から離れブランクがあいてしまった後も、仕事の復帰を希望する方のサポートを行います。

 

 

 

卒業後もつながり続け、良きパートナーとしてサポートし続けます。

 

 

 

●介護美容研究所口コミ評判評価レビュー体験談

 

 

 

美容部員の仕事を経て、現在は終末期の病棟で看護補助者として働いています。

 

難しい現場であるからこそ、私の行動が喜ばれる時にはやりがいを感じるようにもなりました。美容部員時代にマネージャーから言われた『喜ばれる事に喜びをもちなさい』という言葉を思い出し、医療現場でも味わい体感しています。そんな私を見た病棟の先輩が働きながら取れる国家資格、介護福祉士の事も教えてくれました。その時はまだケアビューティストという名前は知らなかったのですが、Instagramの広告を見た時に、私が目指しているのがそこなんだ!「ケアビューティスト」なんだ!と思い、受講を決めました。

 

 

 

これからの日本が超高齢社会を迎えようとする中、今私が仕事としている事、ここで学んでいる事が私にしか出来ない介護美容の提供に繋がるよう、沢山の事を吸収したいです。

 

介護美容研究所では同期の仲間もできますし、講師陣も各々プロからの指導ですので毎回目から鱗です!何といっても現場実習が短いスパンであります。知識も技術も早く身につく気がします。

 

 

 

体が自由に動く今は当たり前のように美容室に行き、ネイルやメイク、エステも好きに行く事が出来ますが、年齢を重ねていくとそんな当たり前の事がし辛くなり、日常生活そのものが不自由になってしまいます。

 

年齢を重ねたからといってオシャレを諦める事をしたくない、いつまでも綺麗でいたい。
そんな気持ちを大切にしたいと思っています。

 

 

 

私自身が何よりも年齢を重ねた時に綺麗でいられるような場所がある、ネイルやメイク、エステをしてくれる方が施設に来てくれる。それが当たり前のようにある老後にしたいです。

 

卒業後は介護美容を中心としたレクレーションを施設等に提供出来るような事業を立ち上げられたらと思っています。

 

 

 

高校卒業後に様々な接客業をしており、歯科助手として勤務していた頃、ある高齢男性との出来事をきっかけに介護と美容を掛け合わせた仕事がしたいと思いましたが、まずは高齢者の生活や想いについて現場で学び実績を積みたいと考え介護の道へ進むことを決意しました。

 

勤務していく中で、ご利用者様の生活状況や心情、また介護職員や介護を担うご家族様にも身体的・精神的負担がある事に気付き、ケアビューティストになりたいという気持ちが強くなり具体化した後、ネット検索にて介護美容研究所を知り入学を決意しました。

 

 

 

今後の日本社会や介護業界をより良くしていくための必須であるといえる【美容】には【無限の可能性】があり、美容を通じて介護を受ける側や担う側に笑顔や癒し、潤いを提供し心に寄り添えるケアビューティストに私はなります。

 

卒業後には【care and beaute PUA】という屋号での起業を目指し日々励み、運営スタッフの方々や講師の方々、クラスメイトに支え助けられ楽しく、本当に意味のある学校生活を送ることができています。

 

 

 

常に身だしなみを整え少しのお洒落をすることは、食事や歯磨きと同じくらい日々に活気をもたらし精神安定に繋がっていると、大正まれの祖母や母の姿から感じています。

 

それが続けられなくなる事で、日常をどれだけ暗いものにしてしまうのか想像が出来るので、活気ある人生をより充実した人生を過ごせるお手伝いが出来るようになればと受講を決めました。

 

 

 

今後、自分含め高齢者の増える時代に出来ない事が増えていくだけの人生では無く、

 

出来ることを少しでも続けられて豊かな人生になる様彩りを添えられる力になればと思い入学致しました。今までの自分の経験と、実習含め学校で学びながら卒業後の活動方法を見つけていきたいと思ってます。始めるのはいつからでも遅くないと、通学し始めてから改めて感じております。

 

 

 

スィーツのチェーン店で店長やエリアマネージャーとして20年程働き、良い仲間に恵まれて楽しさや甲斐も有りました。

 

ですが、『体力的に定年まで働けるかな?』と言う不安も感じ、転職サイトに登録しながら過ごしていた時に、偶然介護美容研究所を見つけたんです!
『全く未経験だから無理でしょ・・・』と、いつもなら諦めるところですが、どうしても気になったので資料請求をして、オンライン説明会を聞いたら”更に意欲が湧いた!”という感じです。それでも入学を決めるまで悩みましたが、年齢的にもやるなら早い方が良いと思いましたし、娘たちにも応援してもらい一歩踏み出すことが出来ました!

 

 

 

授業の度に新しい事を吸収できてとても楽しいです!

 

今まで介護や美容に携わってきていないので、学校の授業だけでなく勉強する事は沢山有ります。美容の力で元気になれるのは、年齢も性別も関係無いと思っているので、老若男女問わず癒やしを与える事が出来るケアビューティストを目指して頑張ります!

 

 

 

現在は管理職兼デザイナーとして、20年間建築内装会社に勤務しています。

 

これからさらに高齢化が進む社会において、新しい事にチャレンジしてみたいと思うようになりました。
「女性はいくつになっても美容には興味があるのに、年齢や身体の不具合を理由にあきらめてしまうなんて勿体ない!そんなきっかけに”介護×美容”がなれば!高齢化といわれる社会の中でも、近年の高齢者はまだまだ元気な方々が多いから、きっかけさえあれば需要はあるはず!」と思っていた頃、介護美容研究所の事を知り、”ビビビッ!”と来たのを今でも鮮明に覚えています。そして自分でも驚くぐらいの速さで今後のビジョンを思い付き、説明会後すぐに1年コースで受講を申し込みました。

 

 

 

スクールを知ってから、介護美容師という更に活動の幅を広げた分野にも興味を持つようになり、現職を続けながら3年間かけて美容師の専門学校の通信課に通う事を決め、現職・介護美容研究所・美容師専門学校の3足の草鞋で頑張っています。

 

これまでとは全く異なる分野の介護美容ですが、スクールで学ぶことはすべてが新鮮で、学ぶことが物凄く楽しい♪と思えています。
現職を退職して、この分野で活動してみたいと最初のうちは思っていましたが、現在の勤務先で新規事業として立ち上げる話に発展し、少しずつ準備を始めています。自分一人の力だけではなく、周りの人を巻き込んで、大きな原動力となり、介護美容がもっと社会に浸透していけたらよいと思っています。

 

 

 

現在、美容部員として多くのお客様へのカウンセリングやお悩みに合わせたご提案など、キレイのお手伝いをさせて頂いております。

 

2人の息子たちも小学生になり子育てにも少し余裕が出てきた頃、視野が広がり色々な事に目を向けられるようになりました。仕事、子供たち、家族。これからの自分の生き方や人生について考えていく内に、
一度きりの人生だから自分らしく、楽しくいられたらと思うようになりました。1つのカテゴリーに捕らわれず美容の経験を活かして新しい事ができないかと考えていた時に、SNSで介護美容に出会い、色々調べ介護美容を知るたびに魅力に引き込まれ、『私がやりたいのはこれだ??』と強く思い入学を決めました!

 

 

 

美容の力は無限大。

 

歳を重ね体が今までのように動かなくなっても、キレイになるためにスキンケアやメイクをしたり。《女性はいくつになってもキレイでいたい!》《外見だけではなく心まで明るく元気にで向きにいつまでも自分らしく!》この気持ちは化粧品販売の仕事をしていて日々とても感じています。美容を通じて多くの方に笑顔を届けられるケアビューティストを目指しながら、介護美容がさらに多くの方に認知され当たり前になるよう頑張っていきたいと思います!

 

 

 

元々美容部員として働いていたのですが常連の方が病気のため来店頻度も減り、外出も少ないためか化粧もあまりしなくなっていました。

 

そこでわたしができたことはお話を聞くこと、自宅で買い物ができるオンラインショップをご案内することだけでした。働いてるブランド、来店されるお客様、お店に行くきっかけがない方や外へ出られない方、全ての方に美容を通して元気になってもらえたら...と思い始めたとき、以前でInstagramで『こんな素敵な仕事があるんだ!』と知った、介護美容のことを思い出しこの道へ進もうと受講することにしました。

 

 

 

年配の方はとくに『わたしなんてもういいのよ』とお話しされる方がとても多かったのですが、施術後は『あら!

 

すごいキレイになったわ!』と皆さま笑顔になっていましたキレイになって、後悔することってないと思うんです。わたし自身もそうですが忙しかったり気持ちに余裕がないときでも、美容に触れると気持ちが前向きになることを経験してきましたこれから美容を通して出会う方々に、「気持ちが楽しくなる」、まずはその瞬間だけでもポジティブな気持ちになったりわくわくできるような、そんな時間を提供していけるような仕事をしたいと思っています!

 

 

 

現在、訪問看護師をしています。在宅での看護は病院とは違い、拒絶や暴言もしばしば見受けられ、自ら望んで訪問を希望する方ばかりではありません。

 

しかし、訪問を続けていくと看護師が訪問する事を楽しみに待ってくださるようになります。訪問内容は、医療的な事が多いですが、洗髪や、爪切り、皮膚に保湿クリームを塗る時に、笑顔が溢れる時があります。必要な医療ですが日々、頑張っているご利用者様に、数分でも癒しの時間が提供できたらいいなと思っていました。
たまたま見ていたYouTube下に学校の名前があり、検索すると活き活きとした笑顔が溢れてました。「私も、こんな笑顔を見たい。」看護の原点、手当てを実践したいと思い、受講を決めました。

 

 

 

認知症の祖母の介護を終え、これから介護業界で働いて行こうと思いました。

 

今まで祖母の介護で経験した、食事・入浴・排泄、安心で安全、当たり前の暮らしを提供する。これだけではなく、もっと日常をイキイキと輝かせるお手伝いが出来ないかな...と考えていたときに介護美容研究所を見つけ、受講を決めました。

 

 

 

卒業後の目標は「介護美容」をもっともっと広めていくことです!

 

現在の介護業界では「慢性的な人手不足」が問題となっている為、日々奮闘されている介護職員さんの手助けになれればと思います。現場に介護と医療だけでなく、介護美容も取り入れ、介護業界を明るく素敵で魅力的な業界へ、そして、ご利用者様とご家族も含め最期の時まで、ワクワク・ドキドキ・キラキラした人生を過ごしてもらい、沢山の方を笑顔にしていきたいです!

 

 

 

日本もこれからご高齢の方が多くなる時代になり、介護美容は必ず需要があると思います。

 

女性の自立を考えている今、現在活動している「健康と美容のお仕事」に絡めて、なにかプラスアルファでフリーランスとして活動していきたいという気持ちがあり、インスタグラムを見ていると介護美容研究所の広告が目に入り、これだ!!ビビッときたのですぐに申し込みをしました。

 

 

 

最初はやんわりとした想像での夢でしたが、実際に施設様にお伺いし施術させていただくと、すごく現実味のある未来が見えてきました。

 

不器用ではありますが、もっと授業でたくさんの技術を学び、ご高齢者様に美容を通してたくさん喜んでいただき、笑顔が多くなる時間を共有していきたいなと思います。

 

 

 

幼い頃からの夢は、メイクアップアーティストになる事で、大学卒業後ロサンゼルスに渡米し、メイク、ネイルを学びました。

 

経験も積み帰国後はフリーラインスで仕事をしていました。
結婚、出産を経験し、子育てをしながらの仕事の難しさに気づき、「子育てをしながらでも自分のスキルを活かして仕事がしたい。」そして「全ての人にSmileを届けたい。」と思うようになりました。そう思うきっかけは、ロサンゼルスに住む叔父でした。叔父は体が硬く、足の爪を切るのが大変でした。その姿を見て、訪問美容師と同じように訪問ネイルが出来る方法を探していました。

 

 

 

日本の国民性として女性は家族や周りを優先し大切にします。

 

高齢者の女性は時代の影響もあり、その傾向が強いと思います。そんな女性達に、これからは自分を大切に自分らしくSmileで居られるお手伝いがしたいです。
この学校では今まで接する機会が少なかった、高齢者への対応や、肌の特性、年齢に伴う爪の変化を学び、自身のスキルアップに繋げたいです。そして、国内外問わず全ての人の健康と笑顔のお手伝いがしたいです。

 

 

 

●よくある質問

 

 

 

介護も美容も未経験なのですが始められますか?

 

「ケアビューティーコース」は未経験でも問題ありません。「訪問美容コース」は美容師向けのため、美容師免許が必要です。

 

 

 

働きながらでも学べますか?

 

無理なくスキルを修得していただけるよう、授業は週1回のペースでカリキュラムを組んでいます。
自分に合うコースがわかりません…。
まずはお問い合わせください。スクールアドバイザーがしっかりとご相談に応じます。やりたいことや不安の種類などは人それぞれですので、共に考えるお手伝いをさせてください。

 

 

 

仕事を始める際に資格は必要なのですか?

 

必須ではありません。ただ、当校では「福祉」「美容」の関連企業・団体のバックアップを受け、現場に即したカリキュラムを組んだ上で資格認定を行っています。当校の資格は現場で求められる人材としての証明であり、無資格で働き始めるより多くのニーズに応えられます。

 

 

 

美容はすでに学んできたのですが、さらに学ぶ必要がありますか?

 

学ぶ必要があると考えています。高齢者の肌質や髪質、身体の状態に合わせた施術には、一般的な美容スキルとは異なるアプローチが必要です。たとえば寝たきりの方に対するヘアカットは、ハサミの入れ方から違います。また、高齢者の方の心理状態への理解、認知症の方へのコミュニケーション法なども介護の現場特有のスキルといえます。当校のカリキュラムではそうした一連の流れが学べます。

 

 

 

学費は一括払いですか?分割できるなら月々いくらから通学できますか?

 

分割払いも対応しており、月々1〜2万円程度からご通学が可能です。クレジットカードでの支払いも可能ですのでまずはお問い合わせください。

 

 

 

いつから入学できますか?

 

入学時期は4月、7月、10月、1月となっております。定員数を超えるとご希望の時期の入学が難しくなるため、定員状況については随時お問い合わせください。

 

 

どんな方々がスクールに通っていますか?

 

介護職の方や美容関連職種の方、主婦の方、美容師の方、サロンオーナー等々さまざまな経歴の方が通っておられます。年齢層も10代から60代までと幅広いです。

 

 

 

授業を欠席したらどうなりますか?

 

8割の授業に出席していただければ修了には問題ありません。なお、振替授業や無料補講などもご用意しています。

 

 

 

通信講座はありませんか?

 

申し訳ありませんがご用意しておりません。技術職を目指すスクールですので、現場実習を含めた実践的なカリキュラムとなっており、通信講座をご用意するのが難しい状況です。

 

 

 

スクールで学んだ後、需要はあるのですか?

 

もちろんです。ご高齢者の増加に加え介護美容の認知度も高まってきており、今後も市場は拡大し続けることが予想されています。

 

 

 

卒業後に仕事先は紹介していただけますか?

 

当校では1都3県で1万軒以上の高齢者企業や施設と連携しており、転職支援や訪問先のサポートも行っております。

 

 

 

●研究所一覧

 

 

介護美容研究所 東京校[原宿]

 

連絡先03-6434-9428(10:00?19:00*日曜定休)所在地〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-15?15 タガミ神宮前ビル2Fアクセス原宿駅 徒歩5分
介護美容研究所
原宿校介護美容研究所
原宿校

 

 

 

介護美容研究所 大阪校[心斎橋]

 

連絡先06-6227-8719(10:00?19:00*日曜定休)所在地〒542-0086 大阪府大阪市中央区西心斎橋1-4-5 御堂筋ビル7Fアクセス心斎橋駅 徒歩3分
介護美容研究所
大阪校介護美容研究所
大阪校

 

 

 

介護美容研究所 福岡校[天神]

 

連絡先092-707-0308(10:00?19:00*日曜定休)所在地〒810-0021 福岡県福岡市中央区今泉1-20-2 天神MENTビル7Fアクセス西鉄福岡(天神)駅 徒歩3分

 

 

公式サイトにリンクしています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

⇒介護美容研究所学費について詳しくはこちらから!日本初の「介護×美容」の専門プロフェッショナルスクール

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

介護美容研究所
介護美容研究所 学費
介護美容研究所 求人
介護美容研究所 大阪校
介護美容研究所 福岡
介護美容研究所 授業料
介護美容研究所 働き方
介護美容研究所 口コミ
介護美容研究所 費用
介護美容研究所 仕事
介護美容研究所 授業料 高い
介護美容研究所 大阪
介護美容研究所 アクセス
介護美容研究所 アカデミー
介護美容研究所 インスタ
介護美容研究所 関西
介護美容研究所 金額
介護美容研究所 講師
介護美容研究所 詐欺
介護美容研究所 資格
介護美容研究所 スタッフ
介護美容研究所 説明会
介護美容研究所 卒業生
介護美容研究所 twitter
介護美容研究所 原宿
介護美容研究所 評判
介護美容研究所 ミライプロジェクト
介護美容研究所 料金
介護美容研究所 授業 料 高い
介護美容研究所 授業 料
介護美容研究所 受講料
介護美容研究所 ブログ
介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格介護美容研究所 学費介護美容研究所 口コミ介護美容研究所 アクセス介護美容研究所 大阪校介護美容研究所 費用介護美容研究所 福岡介護美容研究所 求人介護美容研究所アカデミー介護美容研究所 資格
求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種求人 臨床 検査 心理士 支援 公認 株式会社 心理 経験 技師 仕事 障害者 情報 サービス 医療 企業 雇用 勤務 給与 キープ 内容 資格 月給 職種